ホームページデザイン、やっぱりカッコいい方がよい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを使って集客ができていない時 、

「 デザインがダメなのかなぁ?」

と考えている経営者の方は多いのではないでしょうか?

「なんかデザインがイマイチ!」

「やっぱり、よそのホームページと比べてなんかダサいなぁ!」

一度はこんなことを考えた、経営者の方もいると思います。

 

しかしホームページのデザインの良し悪しと、

集客の成否が比例するか、と考えると、そうとも限りません。

とにかく、見た目にこだわったデザインのホームページであっても、

売上に全くつながっていない会社も実際にあります。

 

お客さんは何のためにホームページを見るのか考える。

お客さんって、自社のホームページを何で、見てくれたんだろう ?

どんな理由で、訪れたのかを考えれば答えは出てきます。

 

ホームページを見た理由

多くの場合、何か困った事や、解決したい事がある時にホームページに訪れるのが、ほとんどです。

自分にとってメリットがある情報が書いているかどうか、判断します。

ほとんどの場合、お客さんはあなたの商品やサービスを見て、他の会社と比べてメリットが

あると判断した時に注文や問い合わせをしてくれます。

 

このように考えると、

集客をする目的を考えた場合、見てくれた人にメリットを感じさせる内容が必要です。

売上を上げることが目的ならば、デザインは二の次でも構いません。

 

ホームページのデザインを考えよう

たった今、デザインは二の次でも構わないと言いましたが 。

でも、最小限はデザインも考慮する必要がある。

配色やレイアウトが最低限整っていないと、あなたのホームページ自体を見ることが、

嫌になって去っていきます。

あなたも日常で経験しているでしょう。

 

・どこに何が書いてあるのか、わかりやすい

・パソコンとスマホで見てもレイアウトが崩れていないか

・背景色が白地または、白に近い色か

・配色が多くなりすぎていないか

・無駄なリンクが貼られていないか

・お客さんが必要とする情報を公開しているか

 

など上記のような内容は、最低限は、押さえておきましょう。

売上に繋がる反応の良いホームページは実は、シンプルでわかりやすくなっています。

見る人のことを、第一に考えて、わかりやすい構成と、見やすいデザインを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*