小さな会社は、専門型で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近くによく行く、飲食店があるんですが、ランチなんかに行くと、

たくさんお客さんが入っていて、すでに席は満席状態。

その中で私は、一組のカップルに注目しました。

 

注文したものが、まだ席に運ばれていなかったみたいで、

かなり怒っている様子でした。

そしてようやく運ばれてきたのですが、

なんと!

注文がうまく伝わっていなかったらしく、違うものが運ばれてきました。

 

さすがにそのカップルは 、

提供までの時間がかかった上に、メニューの間違いで、耐えきれず、怒って帰ってしまいました。

ここのお店は、

ランチメニューが10種類ぐらいであって、さらに、細かな注文まで聞いてくれます。

一見すると、「いろいろ選べていい店だなぁ」と感じて しまいます。

 

ですが、ランチメニューが10種類もあると選ぶのも大変、作るのも大変、

親切には見えますが、ランチの時間だと考えると 、

ランチメニューを、多くても3つに絞り込んで提供した方が親切な対応と言えます。

お客さんも選びやすいし、お店側も料理のメニューパタ―ンも少ないので、仕込み準備が楽。

 

一番いいものを1つに絞ってみましょう。

お店の 売りとなるメニューが複数あると、どれもが霞んで目立たなくなります。

たくさんメニューがありすぎると 、どれもが中途半端になってしまいます。

この話は、飲食店に限ったものではありません。

 

特に、中小企業や個人事業主などの小さな会社では、

限られた資源を、どこに集中させるのか、とても重要になってきます。

対応能力がある優秀な人ほど間違えやすい

小さな会社が成功するためには、あれこれよりも専門型がベスト!

 

ある不動産屋さんの例です。

地元で開業したのはいいものの、安定して新規顧客を獲得できずに困っていました。

そこでその不動産屋さんの強みを探してみたところ

これまでの受けた仕事の中で、

近隣の他府県からの物件紹介依頼が、特に多いことに気が付きました。

 

これまでは「不動産に関することなら何でもお任せください!」だったのが、

ホームページには、

「 Iターン、 Uターン専門の不動産屋さん!」と大きく書きました。

「物件周辺情報」や「田舎で良質物件の探し方」「安く引っ越しする方法」

などの情報を発信しました。

 

すると、どうなったかと言うと、

これまで周辺地域、近隣他府県からだったのが、

全国から物件紹介依頼がくるようになったのです。

 

また、見込み客に対して、地域体験ツアーなどを企画して、新規客を獲得しました。

結果、地元の依頼は、今まで通り、

さらに全国の他府県からの依頼が、今まで以上に多く獲得できるようになりました。

他の事も出来たとしても、どれか一つに絞って、集中する方が大きな結果を出すことができます。

あれもこれもできてしまう優秀の人は、たくさんのことに手を出してしまいがちです。

どの分野に資源を集中させるべきなのか、よく検討しましょう 。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*