ホームページに顔写真を載せたくない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近 facebook や twitter などの SNSも普及し、

自分の写真をインターネットで公開する人がとても増えてきました。

これはなんか、国民性によっても違う感じがします。

実際に facebook は、海外から日本に入ってきたものです。

 

私には、インドネシア人の友達がいるのですが、

その彼は、もうすでに facebook を10年くらいやってます。

彼が言うには、外国人の場合、

自分の顔や今まで住んでいた場所を、公開したりすることに、ほとんど抵抗がないみたいです。

逆に公開したい みたいです。

 

しかし、日本人の場合、その辺がちょっと抵抗があるという人が多いのも事実です。

知らないうちに、情報が漏れちゃうんじゃないか?

誹謗中傷の的になっちゃう。

こんな不安要素があります。

 

ちょっと失敗した話ですが、

私のFacebookの開始当初、プロフィールで、既婚にチェックを入れたら、

操作ミスで、「〇月〇日結婚しました♡」

この投稿が、タイムラインに流れてしまい、結果、たくさんのおめでとうメッセージを頂きました。

これは、まだいい方かもしれないですが、

変な写真を投稿してないか?ヒヤヒヤしたこともあります。

 

ちょっと道がそれてしまいました。戻します。

 

しかし、小さな会社会社を経営している人にとっては、

自分の顔を公開することが、プラスに働くことが多くあります。

これはお客さんの視点に立って、考えてみれば、よくわかります。

どんな人が、この店をやっているんだろう?

ここの会社の社長さんて、怖そうな人かな?親しみやすそうかな?

 

お客さんがサービスを利用する時に、不安要素となるのは、どんな人が、そのサービスを

提供してるくれるのかが、重要になってきます。

 

顔写真でお客さんの不安要素を排除する

こんなことがありました。

また、私の話ですが、「お風呂のリフォームをやりたい」と母が相談してきました。

良さそうなリフォーム会社を、いろいろネットで調べていたのですが、

多数のリフォーム会社から、1件のリフォーム会社にたどり着きました。

 

そこのリフォーム会社は、営業マンの顔写真などが、ハッキリと掲載されていました。

実際に訪問してくれたのも、その営業マンだったので、抵抗なくリフォームの話を進めることができました 。

 

母のその時の感想は、

「ほんまにネットに載っている人がやってきたわ!」「感じのいい人やったなぁ~」

という感想でした。

 

母もホームページで、営業マンの顔を確認していたので、特に、不安な感じもなく話を進めることができました。

ホームページに社長やスタッフの顔写真やプロフィールが公開されていたらどうでしょうか?

「私がお伺いします。お任せください!」

と書いていたら、安心感は全く変わってきます。

誰が来るのか不安な状態に比べて、随分と依頼がしやすくなります。

 

写真を載せるだけで。簡単に効果アップ!

私の、個人的な話をしてしまいましたが、法人相手の会社の場合でも同様です 。

商品やサービスを提供してくれる人がどんな 人が提供してくれるのか分かっていれば、

問い合わせや注文はとてもしやすくなります。

 

ネット上にプロフィールや顔写真を公開するのは、初めはちょっと勇気がいるかもしれませんが、

それに見合うだけの効果は十分に期待できます。

あなたの会社のホームページにも、

今すぐ社長やスタッフの顔写真とプロフィールを公開してください。

よくやってしまう間違いとして、会社とは全く関係のない人の写真を載せてしまうことです。

これはほとんど意味がありません。

 

ホームページに掲載するのは、あなたの顔写真です。ちょっと勇気を出して!

簡単な事なんですが、効果はとてもあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*