ブログでがっちり!見込み客を育成する5つの方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットを使って、集客をはじめるなら、ブログは、とても強力な集客ツールとなります。

ブログから、新規客を集めたり、既存客のフォローをするのにも活用できたりするのです。

ネットに詳しくない人からすると、「ブログで、そんなことができるのか?」と感心する人も実際にいます。

新規客獲得と、既存客のフォロー、と言いましたが、ブログがツールとしての素晴らしい活用の仕方としては、「見込み客を育成することができる」です。

育成(い・く・せ・い)????

簡単に言うと、ブログで情報発信して、あなたの会社のファンになってもらうことなんです。

ファンになってもらって、そこから商品やサービスを提供しようと仕掛けを作るのです。

あくまでも一例です。
阪神タイガースのホームページがあるとします。
試合速報、試合結果のほかに、選手のプロフィールや、マイブーム、休みの行動をホームページに載せて、紹介するのです。

これを見た人が、どれかのキッカケによって、全員とは言いませんが、何人かが、〇〇選手のファンになってくれます。

一軍選手は25人はいるので、たくさんのファンを獲得することができます。
〇〇選手のファンの人は、観戦チケット、年間シート、応援ユニフォーム、メガホン、他、関連グッズをホームページから買ってくれます。

ファン登録してくれたら、選手応援グッズをプレゼントする。
さらにもっとファンとのつながりを作っていく。

このような流れをブログを駆使して作ります。

これには、いくつかの方法があります。

実際のビジネスに当てはめて、ブログを使って見込み客を育成する方法をお伝えします。

方法1.ブログで見込み客を育成するカタチ

あなたは、自分の商品の特徴と内容を、一番熟知しているはずですよね。

なので、
・見込み客のどんな悩みを解決できるのか?
・どんなことがサポートできるのか?
・見込み客にとって、どの選択がベストなのか?

ということを、よ~くわかっているはずです。
ですが、もう一方で、見込み客が普段どんな「悩み」や「目的」を持っているのかを知る必要もあります。

ブログでは、見込み客に、この「悩み」や「目的」に対する解決策を、提供しないと読んでもらえないのです。

ただブログで、有益な情報を伝えるだけで終わっては、とてももったいないと言えます。。

目指す最終的なゴールは、あなたの会社のファンになってもらって、そこから商品を買ってもらうことなんです。

そのためには、あなたの商品、サービスが、「悩み」や「目的」の延長線上に来るようにブログを書いて商品を買ってもらえるように、導く必要があるのです。

例えば、中古車販売のビジネスをしているとします。

見込み客は、ほしい車があるけど、車のトラブル情報や、燃費、維持費がいくらかかるか不安に思っている人だとします。

中古車の購入をするときに発生する「問題」「悩み」で困っている人に向けて、それに関係するようなことを書いてあげる。

例えば、
・H〇〇年式ホンダオデッセイを購入するときに、ここだけは絶対チェックしたい10の項目
・20万キロオーバーを目指すメンテナンスの仕方とは?
・絶対に損をしないプロが教える中古車の買い方21基準
・これを読むまでは、格安中古車に手を出すな!
・中古車で十分!今ベストなファミリーカーとは、

あなたの知識や、ノウハウが、見込み客にとって、有益なら、教材となって読んでもらえるようになります。

中古車購入で悩んでいる人なら、関心があるので、どんどん読んでくれます。

レベルに合ったブログ内容を準備する

見込みによって、「悩み」、「問題」の深さが違います。
また、知識の量も読んでる人それぞれです。

例えば、はじめて、中古車購入の「問題点」「悩み」について、調べた人は、何も知らないので、中古車購入に関する「問題点やトラブル」教えてあげただけでも、満足してくれます。

でも、すでにほかのブログを読んでいて、少し知識のある人にとっては、
「もうこれ知ってるよ!他のブログで、読んだよ・・・」ってなります。

なので、あまり喜んでもらえないことがあります。

そんな知識のある見込み客に対しての、プロしか知らない内容も準備しておく必要もあります。

「ブログで見込み客を育成する」ということは、
ブログを学習教材として、活用してもらうとも言えます。

見込み客の置かれている状態を考えて、内容を提供するように意識しましょう。
優れた内容だと、見込み客が判断してくれるとお気に入りの教材となります。

うまく育成できると、先生と生徒のような関係性を構築することもできます。
見込み客は、あなたに信頼を寄せてくれるようになります。

方法2.信頼と繋がりを育成する

ブログが、見込み客にとって、教材になると重要性を伝えました。
ブログが、「悩みや問題解決」「目的達成のサポート」になります。

そして、もうひとつ重要なことがあります。
それが、提供する情報の「信頼性」です。

ブログの内容には、あなたの、業界の内容や、専門知識を、おしみなく紹介しましょう。

なんでか?

内容の説得力が上がるからです。

例えば、また中古車販売店の場合
「〇〇〇30系の中古車を買うときは荷室を必ずチェックしなければいけない理由」
素人では到底知りえない注意点を紹介したとします。

もしそれを、見込み客が、他の中古車店に行って確認してくれて、ほんとにブログの内容と同じなら、「あの店のブログすごい!」となります。

すると当然、あなたへの、期待と、信頼感が増して、今後の期待感も上がります。

ブログで、見込み客との信頼やつながりを育成することが、できます。

つながりや、信頼感が増すと、「〇〇のことなら=あなたから買いたい!」というようになってきます。

見込み客にとっては、家から遠い中古車販売店であっても、あなたのお店から車を買いたいと思ってもらえるようになります。

ほかに競合が存在したとしても関係ありません。

信頼と繋がりの力で、見込み客の視界には、あなたしかいません。

方法3.「お客さんの声」からネタを探す

ブログを書こうとすると、不安を感じるかもしれない

実は、現場にヒントが、たくさんあります。

例えば、中古車を販売している会社の場合
毎日、いろいろなお客さんがやってきたり、問い合わせがあるはずです。

・ローンで買うのとリースとでは、どっちが得ですか?
・ファミリー向けの使い勝手のいいミニバンはありますか?
・〇〇車は、電気系統が弱いってよく聞くんですが大丈夫ですか?

接客していると、このようなことを、お客さんに聞かれるケースなどは、必ずありますよね。
だとすると、ブログを読んでくれる見込み客も同じように〇〇〇についての疑問を持っている人もいるはずです。

であれば、その対処方が、ブログネタになったりします。

「何かいいネタないかな?」
と考えるとネタだしが難しくなってきます。

現場に届く、「お客さんの声」に目を向けると、旬のネタ、ヒントは結構出てきます。
ネタに困ったら「お客さんの声」を参考にしてみてください。

方法4.商品やサービスの必要性を育成する

ブログは、有益な見込み客に、情報を提供し続けることが重要です。
しかしそれが、ただ単に見込み客への奉仕活動で終わっていてはダメです。

いずれ、あなたから商品を購入してもらうのが、最終目的ですよね。
そのためには、あなたの商品やサービスをブログ内で、紹介することも重要です。

しかし、「売り込み」してると感じさせないように、さりげなくアプローチかけていくことも重要です。
ブログの文章の終わりに、こんな一文を入れてみる。

例えば、中古車販売店なら、
「時間と手間をかけると、ご自分でも、お望みの中古車を見つけることは可能です。でも、手っ取り早く良質な中古車を探したい場合は、ご連絡いただければ個別にアドバイス付きで、中古車を探すこともできます」といった感じです。

見込み客に対して、「お手伝いできますよ」と伝えるだけで、「お願いした方が、早いし、楽!」と感じる人もいます。

ブログで、たくさんの情報を提供して、信頼関係を築けていると、すぐにでも成約につながることもあるでしょう。

たとえ成約にならなかったとしても、見込み客の頭の中には、必ず刷り込まれます。
のちに、小さなアプローチが、成約につながることもあります。

そもそも、あなたのブログに関心がある見込み客の人は、売り込みをしなくても大丈夫です。

あなたのことに関心があるのであって、
「こんなことができます」と伝えるだけでも十分ですよ。

ブログであなたの商品やサービスの必要性を「さりげなく」伝えてください。
また、メニューバーやバナーを使ったり、自社商品の詳細ページへ誘導することもできますよ。

方法5.ほかにも有益なブログ記事があることを伝える

見込み客は、最初は、ある「悩み」があって、あなたのブログを読み始めたのかもしれません。
しかし、現実には、また別の「問題」で、悩んでいる場合もあります。

例えば、見込み客が、「うまい写真の撮り方のコツ」についての、ブログをみていたとしましょう。

最初の目的は、ただ、写真を撮ることに、少し興味を持っていただけかもしれません。

「趣味の写真からプロの写真家になれたらいいな・・・」
「これで、飯が食っていけたらいいな~」

ん・・・。

👇
「プロの写真家になるための方法が書いてある」
👇
「プロの写真家になるには、取引先の見つけ方の話も重要そうだ!
👇
「必要な写真機材のそろえ方も書いてある」
👇
「取引先との交渉の仕方も書いてある」
👇
「プロの写真家になる方法もっと知りたい」

このように変化して、興味や、関心を持つ可能性もあります。

見込み客は「こんなこともやっているんだ」気づくことで、

「こんなこともプロになるには必要なんだ」
と感じたり、

「ほかにもっと、ためになる情報は載ってないかな?」
と調べたりします。

ほかブログコンテンツ(ブログの中身のことです)に関しては、サイドバーでなどで紹介すると、クリックしてもらいやすくなります。

また、見込み客が、興味を抱いて、調べていくうちに、どんどん信頼関係をつくって行くことができます。

例にあげた「うまく写真を撮るのコツ」から、うまくいけば、見込み客に写真機材の販売をしたり、写真家プロ養成講座なども紹介することができます。

いろいろなブログコンテンツを与えることで、見込み客は、関心を示します。
一連の流れが、うまく見込み客の感情と合致することで、いずれ何かの商品を買ってくれるようになります。

おまけ・・・

〇〇〇を使ってブログの更新を知らせる

今回のテーマは、ブログで育成するなんですが、ブログを見込み客に読んでもらわないと育成はできません。

せっかく書いた、ブログをひとつも読んでもらえないと、ただ書いてるだけになってしまいます。

しかし、効果的にブログを読んでもらう方法があります。

それは、「ブログと〇〇〇を連携させておく」です。

〇〇〇の答えは、SNSです。

・Facebook
・Twitter
・Google+
・LINE
など・・・

スマホが、普及している現代では、何かしらのSNSをやってます。

あなたのブログにも、目ざわりでない程度に、ブログ内にSNSのフォローボタンを配置しましょう。

フォローしてもらえると、新しいブログを投稿したときに、SNSで、ブログの投稿を見込み客に向けて、お知らせすることができます。

ブログを最大限にツールとして活用するには、SNSも活用してみましょう。

「ブログだけやる」「SNSだけでいい」のように、どちらか一方だけやっていては、集客ツールとしてのチカラも半減します。

ぜひ、ブログとSNSを合わせて使いましょう。

もし、まだSNSをやってない、これからはじめるという方には、Facebookがおすすめです。

小さな会社が活用できる機能が、たくさんありますよ。

まとめ

方法1.ブログで見込み客を育成するカタチ
方法2.信頼と繋がりを育成する
方法3.「お客さんの声」からネタを探す
方法4.商品やサービスの必要性を育成する
方法5.ほかにも有益なブログ情報があることを伝える
おまけ・・・

あなたの会社が利益を上げるために、はじめるには、もってこいの集客ツールです。
初期費用はいくらかかかりますが、ブログを続けるには、ほとんどお金は掛かりません。

しかし、後に、会社の資産となって大きな利益を生んでくれます。
少額の投資で済むので、ブログで、見込み客の育成にチャレンジしてください。
見込み客の育成に成功して、大きな利益を得ましょう。

ここまで、ブログについて、いいことばかり書いたかもしれません。
ブログを続ける上で大変なことがあります。

それは、継続して、ブログを投稿することです。
忍耐力が必要です。

「ブログやってみたいけどな~」
「ブログはじめたけど、うまくできない」
という方は、気軽に相談してください

ここから相談できます。

こちらをクリックしてください→https://miraikei.com/contact/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*