簡単! Google検索の仕組! 知っていて損はなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

Googleや、Yahoo!検索は、普段、誰でも当たり前のように検索しています。

当たり前すぎて、どのような検索の仕組なっているのか、考える人も、あまりいないです。

何も商売をしていない、一般ユーザーなら、GoogleやYahoo!の検索エンジンについて意識しなくてもいいのですが、これからネット集客をはじめる方にとっては、必ず押さえて おきたい検索エンジンの仕組やポイントを、解説していきます。

検索順位の決定賢者は?

検索エンジンです。

誰でも知ってる検索エンジンと言えば、もちろんGoogle検索、Yahoo!検索ですよね。

もともと別の検索システムを使っていたのですが、Googleの検索システムをYahoo!も同じシステムを使っています。そのまんまです。

「集客」「京都」など

同じキーワードを検索したとしても、「ビミョ~」に検索結果の表示順位が違う?

Google検索とYahoo!検索の結果が違う理由は?

同じシステムを使っているのによく見ていくと、検索結果が違う?

結果に違いが出るのは?

Yahoo!が独自なフィルターをかけているんです。
わかりやすいフィルターだと、

Yahoo!で独自のペナルティーの基準に引っかかるので、検索順位が下がる。とかです、他にも細かくありますが、話がそれるのでこのぐらいにします。

検索エンジンの仕組を理解しよう

検索エンジンを理解しようとすると、どこのサイトにでも必ず2つの言葉が出てきます。

この2つのキーワードは、とても大事になってくるので、しっかり理解してください。

その2つは、

「クロール」「インデックス」です。

クロールってなんですか?

Googleが「ウェブクローラー」というソフトを使って、世界中にどんなホームページが存在しているのか情報を集めています。

「Googlebot」というクローラが巡回しています。

WEBページからWEBへとリンクをたどって、探し回っているのですが、当たり前のことですが、リンクの貼られていないページへは、行く事が出来ません。

リンクの多いページへは、たどり着きやすいので、検索エンジンに認識されます。

クロール(crawl)は、「腹ばいで進む」「はい回る」という意味なんですが、WEB上を這いまわっています。それでクローラーと言われています。

クローラーは、1回だけでは、正確な情報を認識しない

あなたのホームページを1回巡回したぐらいでは、すべてのページ情報を、収集することが出来ません。

正しい情報を持ち帰ってもらうには、何度もクローラーに巡回してもらうことが、必要になってきます。

「何について」「どのように」記載されているホームページなのか正しく認識してもらうことが、重要になってきます。

じゃあインデックスは?

クローラーが持ち帰った情報を、登録、記録、することを、インデックスと言います。

インデックスされたデータとは、どこどこのWEBサイトが、こんな情報を持っている、どんな話題を扱っているのか、整理されています。

私たちは、整理されたデータの中から「検索する」ことで情報を得てます。
自分の必要に応じた情報をさがしているのです。検索エンジンのありがたさが分かります。

あなたの情報も、検索エンジンのデータベースとして、登録されることで、検索結果の対象になってきます。

Google検索 検索順位とは、

検索順位を決定するには、200以上の問いかけから判断されます。総合点の高い順で、検索表示順位が決定しています。

検索要素を機械的に判断しているのですが、検索結果を返すプロセスをアルゴリズムといいます。


「Googleは、あなたが検索したいと考えた事柄を、1位表示したいと考えています。」

しかし、かなり難しいとされてることです。

アルゴリズムをすべて理解することは不可能ですが、Googleの基本的な考え方を理解するだけでも結果的には、アルゴリズムを攻略することにも繋がります。

Google検索まとめ

クローラーはリンクをたどってやってきます。200以上の「問いかけ」から、検索表示順位が決定されます。

あなたのホームページを上位表示させることを目指すのであれば、細かなテクニックも、大事ですが、検索表示順位が決定される流れを知ることが、今後の、あなたのネット集客にも繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*