簡単じゃない!コンテンツマーケティングをはじめる4つのメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはインターネットをビジネスに活用したいですか?
家賃や人件費を抑え、リスクなくビジネスをしたいと思ったことは?

・会社のホームページを作った
・ブログもはじめた
・ Facebookとインスタグラムもはじめた

でも集客まではできていない。

そんな経営者の方、または、これから活用したいと思っている経営者の方へ。

もし、あなたがこのようなビジネスをしたいのであればコンテンツマーケティングを取り組んでみてはいかがですか?

正直、ビジネスにインターネットを活用するなら
小さな会社にとっては、避けては通れないマーケティング手法といっても過言ではありません。

まあ、簡単というわけでは、ありませんが、

コンテンツ、コンテンツって、よく聞くけど、いったい何なの?

知っているようで、知らない言葉です。

みんなが使っているから、自分も使っている。

ネット集客を考えると、必ず出てくる言葉です。

小さな会社にとって、相性がいい、マーケティング手法が、コンテンツマーケティングともいわれています。

この、コンテンツマーケティングをわかりやすく説明すると。

・見込み客の役に立つ情報を継続して発信する
・見込み客の役に立つ情報を継続して発信する
・見込み客の役に立つ情報を継続して発信する
・見込み客の役に立つ情報を継続して発信する
・見込み客の役に立つ情報を継続して発信する
・そこからさらに見込み客に興味をもってもらう
・そして最終的に商品やサービスの購入をしてもらう

「見込み客の役に立つ情報を継続して発信する」がたくさん書かれているので、編集ミスにも見えますが、イメージは、このような感じになります。

日本でも、2014年くらいから、耳にするようになってきましたが。

もともとは、マーケティングの本場、アメリカで、10年以上前に生まれた、言葉で、手法自体は、100年以上前から存在していたとされています。

やっぱり、成果があるってことで、日本でも、広まりつつあります。

小さな会社は、ぜひ実践した方が、いいし。

今後の業績に影響を及ぼすことでしょう。

今回は、コンテンツマーケティングに取り組むメリットを、わかりやすくお伝えします。

コンテンツとは?

そもそも、コンテンツとは、Webサイトでは、文字や音声、動画、それらの内容である著作物を「コンテンツ」と一般に言われています。

では、コンテンツマーケティングとは、

定義として、
見込み客から新規顧客に変えるため、そして新規顧客を何度もリピートしてくれる優良顧客にするため、それぞれの段階に、適切なコンテンツを提供して、最終的には、収益につながる行動をとってもらう一連の手法です。

簡単に説明すると、まず、お客さんが知りたい、いい情報をブログやメルマガを使って提供して、信頼関係をつくります。

いわば、そのサイトの、ファンになってもらうのです。

人は、知っている人や、信頼している人から、モノを買う性質があります。

十分に信頼関係ができた後で、商品を紹介したりします。

お客さんは、

「この人が、ススメてくる商品だから間違いないだろう」

じゃあ、一度買ってみよう」

と思って、商品を買ってくれるのです。

場合によっては、お客さんの方から、商品を買いたいと言ってきたりもします。

商品を気に入ってくれた、お客さんは、またリピートしてくれるし、友人にも紹介してくれたりします。

コンテンツを提供する手段
ブログや、メールマガジンがよく使われます。最近では、動画や、音声データで、コンテンツを届ける方法があります。

コンテンツマーケティングの大前提として、
「見込み客にとって価値のあるもの」を提供する。

価値のあるものと聞くと、なんとなく難しく感じてしまいますが、自分自身が、お客さんの立場になって、ネット検索したとします。

そうすると、

「こんな情報を知りたかった」

「こんな、いいやり方があったんだ」

と思う情報が必ず、あります。

読者のためになる価値ある情報を、

「良質なコンテンツ」「有益なコンテンツ」といいます。

 

例えば、革靴専門店が、ブログをはじめるとしたら、

革靴に関するのブログの内容が、

・革靴の国別による特徴
・革靴の手入れの仕方
・革靴の歴史
・靴のデザインの違い
・靴とファッションの相性
・TPOにあわせた靴の選び方
・日本でも注目されている海外ブランド
などなど

男性で、革靴に興味がある人にとっては、知っておきたい情報であり、有益コンテンツとして認識されます。

このように、ブログによって、コンテンツを提供することで、あなたのお店や、会社のサービス、に興味を持ってもらい、最終的には、商品を購入してもらうように流れを作るのです。

小さな会社がはじめる
コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは、小さな会社が、これから、もっとも取り入れるべきマーケティング方法なのです。

なぜ取り入れるべきなのか?お伝えします。

メリット1. 費用があまりかからない

主に、インターネットを活用して、ブログやホームページでの活動になります。
なので、自社が管理するサイトに、情報発信を継続して行う必要はあります。

もともと、小さな会社は、大企業とは、資金力が違うので、テレビCMを使ったり、たくさんの広告に費用を、かけることは、できません。

ブログ、ホームページ以外でも、SNS(Facebook、LINE、ツイッター)などを駆使して、費用をあまり掛けないで、運営ができます。

SNSで発信されている、コンテンツに興味を抱いてくれた、見込み客が、ブログや、ホームページに、訪れ、商品やサービスを購入してくれるのです。

また、まったく費用を掛けないで、安定的に見込み客を集めようとすると、有益コンテンツを、発信し続けなくてはならないので、ある程度の時間と、覚悟も必要となります。

はじめのうちに、しっかりとコンテンツを準備しておけば、あとは、少ない費用から利用できる、SNSの広告を使って、集客できるようになります。

メリット2. ひとりでもスタートできる

ひとりでも十分できます。

コンテンツマーケティングは、ブログが基本となるので、パソコンの操作は必要になりますが、パソコンの操作か苦手な人でも、できる方法はあります。

基本的な、はじめの設定部分は、業者にやってもらう必要はありますが、YouTubeの動画サイトを使って、情報を発信する方法です。

技術、職人系の会社、自動車、バイク販売、修理をされている会社、あと農業などをされている方は、パソコンを触ったことがないから、苦手と言う方も多いです。

ですが、YouTube動画サイトを使えば、ほとんどパソコン操作をしなくてもできます。
不得意な部分は、代行業者で、やってもらうこともできます。

メリット3. 集めたいお客さんが反応を示す

人は、ネット検索をする理由として、解決したいこと、知りたい情報や、解決したい悩みがあるから、ネット検索します。

正しい、コンテンツマーケティングが、実施できると、少なからず、あなたの商品サービスに、興味を持った、お客さんを、高い確率で、集めることができます。

例えば、

お茶に興味があるひとは、お茶の淹れ方、楽しみ方や、歴史、産地、種類、などに、興味があります。

また、そのコンテンツで、お茶に、もっとも、興味を示してくれた人が集まります。

価値あるコンテンツを提供できていると、その情報、コンテンツを提供している会社のことを、好意的に感じてくれます。

なので、お茶に興味があって、商品を買ってくれる可能性の高いお客さんを、集めることができます。

普通に考えて、お茶に、まったく興味のない人に、いきなり売り込みして、販売するよりも、ある程度の興味を持った人に商品を販売する方が、やりやすいのです。

まったく、興味のない人は、説明の途中で、他の興味のあるほうへ、行ってしまいます。

コンテンツマーケティングは、効率よく、あなたが集めたいお客さんを、集めることができるんです。

会社経営をしていると、いいお客さんと、よくないお客さんがいます。

いいお客さんは、あなたの会社を理解してくれて、高い価格でも、商品を買ってくれるお客さんで、クレームなんてありません。

よくないお客さんは、値引きや、安い商品だけに反応して、それでいて、いろりろクレームを、言ってくるお客さんです。

あなたの会社にとって、よくないお客さんを、先に排除することもできます。

メリット4. コンテンツが会社の資産になる

コンテンツマーケティングを、はじめることで、最大のメリットは、積み重ねたコンテンツが、資産になるということです。

どういうことかと言うと、自社サイトで、ブログや、動画で、コンテンツを、発信を続けると、どんどん、その情報は、蓄積されていくのです。

有益なコンテンツが蓄積されると、検索エンジンで、上位にも表示されるようになります。

また、インターネットで公開された情報は、なくなることがないのです。

一回きり、の使い捨てではないのです。

例えば、昔に、書いたブログであっても、今、その情報が知りたい人にとっては、役に立つこともあるのです。

コンテンツの活用次第では、お客さんのフォローとして使うことができます。
顧客が増えてくると、お客さんから、同じような質問をされることが、増えてきます。

一件、一件、対応するのもいいですが、解決策を動画コンテンツを準備しておくことで、対応にかかる時間も減らすことができます。

小さな会社にとって、時間を有効に使うことが、課題となってきます。
今後、仕事の時間を減らすことが、大きなメリットとなります。

また、あなたのビジネスの専門的なコンテンツが蓄積されると、専門家としての権威性も上がります。

まとめ

コンテンツマーケティングに取り組んでいる会社は、まだ多くありません。
小さな会社では、ほとんどないと言ってもいいでしょう。

近い将来、どこの会社でも、「コンテンツマーケティングをやっています。」と言うような状態になります。

ですが、これをすべて、できるようになるには、時間と労力を伴います。
なので、チャンスでもあるのですが、

今、将来の会社を想像して、
現状維持で行くのか?
成長を目指して取り組んでみるのか?

成長を目指さない会社は、いずれ、衰退していきます。

将来、安定したビジネスを、実現したいのであれば、コンテンツマーケティングに、取り組んでみては、いかがですか?

まあ、簡単ではないですが・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*