地域密着を目指す企業がニュースレターに取り組むべき7つの理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チラシをまいても、広告を出しても、思ったほど、お客を集客できないとお困りではありませんか?

「たった一人のお客を獲得するのにも、多額のコストがかかってしまう」

チラシや広告にお金を掛けたけど、思い通りに集客に結びつかなかったので、たった1回
か2回、取り組んだだけでやめてしまった。


こんな経営者の方も多いのではないでしょうか。

日常、いろんな広告や宣伝を目にする機会が増えました。

しかし、ここまで、広告や宣伝が、増えてしまうと、習慣として、無視しているときもあります。


広告、宣伝のデメリットとして、

商品やサービスに、興味や必要のない人にとっては、

「売り文句」がならんだ広告や宣伝は、

ただのノイズとなってしまいます。


家のポストなら、

必要な広告や手紙と、

必要ない広告と、

わけられてしまって、

必要ない広告は、即ゴミ箱行きです。


経営者として、多額のお金を掛けて商品やサービスの宣伝したのに見てもらえないのは残念です。

せっかくお金を掛けて、宣伝する以上、ひとりでも多くの人に、あなたのビジネスの内容をを知ってほしいですよね。

それで、もちろん、そこから売上アップもしたいですよね。


そんな経営者のために役立つのが、ニュースレターなんです。

ニュースレターって聞いたことがある人もいれば、

「今、はじめて聞きました」という経営者の方もいるでしょう。


今、いろいろな会社が、ニュースレターに取り組みはじめてます。

特に、ニュースレターは、地域に密着した小さな会社には、とても、有効な販促ツールです。

ニュースレターは有効な販促ツールと言いましたが、直接売り込みをするわけではありません。


売り込みをしないのに、なんで、ニュースレターを発行したほうがいいのか?

今回は、その理由をこれから紹介します。

 

1.地域の人に、あなたの会社のことを紹介できる

こんなことありませんか?

よく行くパン屋さんだけど、パン屋さんのおじさんの名前を知らない?

挨拶とか、少し会話はするけど、顔なじみのパン屋さんなのに、おじさんのことは何も知らない。

パンを買うだけだから、名前を知る必要がない。


買う側のひとにとっては、顔見知りでも、何も知らないことが多すぎる。

小さなお店や会社でも、ニュースレターがあれば、あなたの会社を紹介することができます。

もちろん、名前もです。


あなたの会社の内側を紹介してあげることで、お客さんに親近感を持ってもらえるようになります。

ニュースレターを見てくれたお客は、はじめて会ったのに、最初からあなたのことを知っていて、打ち解けてくれたりします。

ニュースレターを定期的に配ることで、あなたのお店や会社のことを、身近に感じてくれるようになります。


お客さんの意識の中に、〇〇〇と聞いたら。

あそこの〇〇〇屋さんだ!

となります。

 

2.ニュースレタ-は読んでくれる

商品やサービスのチラシなどの広告は、今すぐに必要な人にとっては、役に立つ情報ですが、

今、必要ない人には、チラシや広告がゴミにしか見えません。資源回収されてリサイクルの道をたどります。


しかし、そこで、地域に関する情報や、あなたの会社設立までのサクセスストーリーが書いていたら捨てるでしょうか?

ニュースレタ-には、あなたのお店や会社の事、以外にも、地域の役に立つ情報、健康に関する情報が書いてあるので、また読みたくなるのです。

ニュースレタ-だと、売り込みチラシや広告とは、違った前向きな視点で、あなたのお店や会社の情報も読んでもらえます。

3.「ほしい」を育てる

お客は、押し売りや、売り込みをされると、よほどでない限り、「NOー!」と言います。

人は、セールスされることに対して、過敏に拒絶します。


ニュースレタ-は、潜在的なお客のニーズを引き出すことに役立ちます。

ニュースレタ-を使って、

あなたの商品やサービスが、どんな風に役に立つのか?


また、どんなことが実現できるのかを、伝えることができます。

ニュースレタ-をくり返し見ることで、突然それが、ほしくなる衝動が起きます。


あるひと言が、キッカケとなったりします。

ニュースレタ-をもらって、今まで何とも感じていなかったのに、たまたま読んだところに共感してしまって、「ほしい~!」という感情が、わいてくることがあります。


わたくしごとですが‥。

以前、趣味探しをしたことがあったのですが、

特に何がしたいのか?

迷っていたところで、ふと立ち寄った、バイクショップ。


そこのショップ店長に、こと細かく、バイクの話を聞いていくうちに大型バイクに乗りたい衝動にかられてきました。

もともとバイクに、まったく興味がなく、危険な乗り物と認識していた私は、バイクの免許を持っていませんでした。


しかし、バイクショップ店長の話に共感した私は、

すぐ教習所に通い、自動二輪中型免許を取得して、すぐ大型免許も取得しました。


大型バイクも購入して、もともと念願でなかった、バイクライフをバイクショップ店長との会話のキッカケによって手に入れることができました。

 

ニュースレタ-を発行して定期的に、あなたのお客にビジネスにかける思いなどを書いたり、伝えることで、お客の「ほしい~」というスイッチが押される可能性があります。

4.あるあなたの専門性を伝える

ニュースレタ-では、あなたが専門家として、豆知識を伝えましょう。

お客さんの立場になると、商品やサービスが提供されるまでの過程は全く知りません。


表には見えない仕事を、伝えるだけでも、感動を与えることもできます。

お客のために、これだけの配慮を重ねている。とか、仕事の丁寧さを伝えたりすることで、
あなたの仕事に対する熱意などに、関心をもってくれたりします。


「〇〇〇といえばあなた!」
と想像してもらえます。

5.あなたにファンができる

ニュースレタ-を定期的に発行することで、あなたのファンが現れます。

あなたの仕事に対する真剣さ、熱意、誠意、専門性が伝わることで、少しずつですが、ファンが増えていきます。

ファンを大事にすることによって、あなたの顧客でいつづけてくれます。そして、友人などに紹介してくれるなど、あなたに対して、協力的になってくれます。

6.新規客をリピート客へ

どんな会社でも新規客の獲得には、チカラを入れます。

しかし、せっかく一度、商品を購入してくれてるのに、それっきりで終わりなんてよくあります。


新規客の獲得が難しくなってきている状況で、一度、購入してくれたお客さんには、また購入してほしいはずです。

でも、何も手を打たないで、いると、一度きりの購入で終わってしまいます。


新規で来店してくれた、お客さんにもニュースレターをわたしましょう。

継続的にニュースレターを発行することで、お客さんの気持ちを引き止める効果もあります。


新規客流失にも、ニュースレターは役立ちます。

7.仕事の達成感につながる

ニュースレターを定期的に発行することで、仕事の内容が、お客さんに正しく評価されると同時に結果も出ます。

ニュースレターでお客とつながることで、コミュニケーションも生まれ、意見をもらったりもできます。


お客さんから意見をもらうことは、仕事をしてる中では、そう多くありません。

良い意見も、悪い意見も、地域でビジネスを続けていくためには、財産となります。


お客さんに喜んでもらえる情報を常に把握している必要があるので、あなたの商品販売能力や意識も格段に上がります。

仕事で、達成感を感じることができますよ。

 

まとめ

1. 地域の人に、あなたの会社のことを紹介できる
2. ニュースレタ-は読んでくれる
3.「ほしい」を育てる
4. あるあなたの専門性を伝える
5. あなたにファンができる
6. 新規客をリピート客へ
7. 仕事のやりがいにつながる

ニュースレターに取り組むべき7つの理由をお伝えしました。

あなたのビジネスは、地域でどんな会社でありたいと考えますか?


ニュースレターを発行することで、無理なく、お客さんとの関係性を維持することができます。

発行頻度を増やすと効果も増しますが、まずは、月に1回の発行を目指して、チャレンジしてみてください。


ニュースレターを発行することで、お客さんの反応が楽しみになりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*