アクセス数=売り上げは上がる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかくホームページを作ったのに、

売上が上がらないと悩んでいる経営者の方も多いと思います 。

「アクセスは増えたのに売り上げは上がらない 、なぜだ」

アクセス数が上がれば売上も上がるのでしょうか?

この答えは場合によって違ってきます。

例えば

一つの例で見てみましょう。

100人がアクセスしてくれたら1個の商品が売れるホームページがあったとします。

100人が、アクセスしてくれた=1個の商品が売れた。

1000人が、アクセスしてくれた=10個の商品が売れた。

10000人が、アクセスしてくれた=100個の商品が売れた。

このホームページだと、

アクセス数が増えれば売上も上がるホームページだと言えます。

 

もう一つの例を見てみましょう。

100人が、アクセスしてくれても、誰も商品を買ってくれないホームページ。

100人がアクセスしてくれた=商品が売れない

1000人がアクセスしてくれた=商品が売れない

10000人がアクセスしてくれた=商品が売れない

もうお分かりだと思いますが、

このホームページの場合 たくさんのアクセスを、集めても売上にならないのです。

 

売上を上げるには成約率が大事!!

ホームページを見てくれた人の数は、アクセス数といいますが、

そこから商品を買ってくれた人の割合のことを、成約率といいます。

100人がホームページを見てくれた。そこから1個の商品が売れた場合=成約率は1%

たった1%!

 

「え~ たった1%?」と思われた方もいるかもしれません 。

でも、インターネットマーケティングの世界では、成約率が1%あれば成功だと言われています 。

このたった1%が大きな売上アップにつながります。

1%の成約率が獲得できるホームページはアクセス数が100であっても1000であっても

成約率は1%になります。

 

なので

アクセス数✖成約率=売上

という数式になります。

簡単な掛け算の話ですが、要素の1つが0のままだと、何をかけても答えは0のままです。

成約率が0だと。どれだけのアクセスがあったとしても売上は0のまま!

変わることは、ありません 。

 

アクセス数と成約率を考える

ホームページを作ったからには「アクセス数を上げたい」

と思う経営者の方もたくさんいます。

ですが、売上が上がらない本当の理由は成約率が悪いからかもしれません。

アクセス数が、増えたからと言って、売り上げが上がる!

とは、言い切れないのです 。

 

「ホームページを 活用して、売上を上げたい」

と考えるのであれば、どうやったら成約率が上がるのか?

まずは、成約率を改善、改善。改善!することから始めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*